フレームワークを使うメリット

Javaでの開発においてフレームワークを使うと、次のようなメリットがある。

まず、作業効率が改善されることで、開発工数が減りる。結果として開発期間を短縮でき、生産性の向上につながる。
フレームワークはあらかじめ開発に必要なテンプレート、クラス、APIなどが用意されている。そのため、作業効率の改善、コーディグの工数削減につながり、開発期間を短縮できる。
開発期間を短縮できるため、自ずと生産性も向上するだろう。

さらに、Javaは多機能で汎用性が高く、多くの用途で利用されるプログラム言語だ。そのため、アプリケーション上での動作が同じであっても、様々なコードの書き方が存在する。
また、大規模なシステムやプロジェクトになればなるほど多くのエンジニアが開発に参加するため、コードの統一性を保つのが難しくなる。エンジニアごとにコードの書き方が違っていては、作業効率は低下し、ミスも多くなり、バグの発生につながってしまうだろう。

しかし、フレームワークを使うと、コードの書き方や考え方を統一することができる。結果としてバグを減らし、開発後の運用や保守もやりやすくなるというメリットにもつながる。
また、プロジェクトチーム内での意思の疎通や情報の共有もスムーズに進むという副次的なメリットもある。この副次的なメリットのおかげで、さらに生産性は向上するだろう。

他に、セキュアプログラミングの機能を備えているフレームワークもあるため、セキュリティ上の脅威に対応できるといったメリットもある。